新バージョン 「ARES 2018」リリース

ARES 2018 がリリースされました。

新機能では、DWG 2018 形式の読み込みをサポート(保存は、DWG 2013 形式となります)

画面ズーム&移動など、描画性能を改善、マルチ引出線、螺旋図形をサポートしています。

 

2018年3月末時点で、ARES サブスクリプションが有効なお客様へは、ARES 2018 バージョンアップのご案内の

メールが届きますので、ご確認ください。

 

ARES 製品概要ページへ

BIM / CIM,                             i-Construction                       データ作成支援

ARES|DWG互換CAD

    JDraf後継製品

▽TREND-CORE (福井コンピュータ社製)

土木施工業向け "CIMソリューション” 

パワーとスピードを誇る新たな3D GIS

上記の全ての商品のお問い合わせは

こちら から!

▽KOTOBASHO MAP からツイート中

お問合わせはこちら