地理情報、どう使う?

「営業リスト見える化ツール」「Google Mapを利用したオリジナルマップの作成」など、

GIS、地図関連の弊社ソフトウェア、サービス等による、地理情報の使い方の一例を紹介します。

その1:避難所のデータを地図上にプロットしたい!

公開されている津波避難所の位置情報から、地図に避難所の標高、収容人数などをプロット。

より分かりやすい情報提供を提案します。

必要なソフトウェア

  • Device Works 「営業リスト見える化ツール」
  • Microsoft EXCEL

必要なデータ

  • 自治体等から公開されている住所付きの避難所リスト

「津波避難所リスト」+「営業リスト見える化ツール」

1.避難所のリストをMicrosoft EXCELに読み込みます。

避難所のデータの提供はHTML、PDF、EXCELなどさまざまなファイル形式が見られます。EXCELで直接開けない形式の場合はEXCEL形式で保存しなおします。


避難所名一つにつき、住所、収容人数、標高(または建物の階数)、建物の種別などのデータが一行で表されていればOK。

2.「営業リスト見える化ツール」を使用して、地図化します。

「営業リスト見える化ツール」にプロットされた津波避難所です。


円柱グラフは、

<高さ>=<標高>

<直径>=<収容人数>

<色>=<施設の種類>

というふうにそれぞれ対応しています。


「営業リスト見える化ツール」については、

専用のウェブサイトをご用意しています。

そちらも合わせてご覧ください。

「営業リスト見える化ツール」

BIM / CIM,                             i-Construction                       データ作成支援

ARES|DWG互換CAD

    JDraf後継製品

▽TREND-CORE (福井コンピュータ社製)

土木施工業向け "CIMソリューション” 

パワーとスピードを誇る新たな3D GIS

上記の全ての商品のお問い合わせは

こちら から!

▽KOTOBASHO MAP からツイート中

お問合わせはこちら