CIM コミュニケーションシステム

TREND-CORE(トレンドコア) Ver.7

2020年12月15日 Ver.7リリース! NEW

新機能はこちら⇒

ダウンロード
corev70_verup.pdf
PDFファイル 9.0 MB

工事成績アップを支援するNETIS登録技術(新技術)


3DA(アノテーション)  NEW

3次元モデルに設計寸法情報を重ね合わせた3DA(アノテーション)モデルを手軽に作成。任意の位置でモデルの断面、平面を切り出して寸法線・引出し線を引くことができ、既存の図面と3Dモデルの照査に活用できます。

作成した3Dモデルは、データ共有クラウドサービス CIMPHONY Plus にアップロードし、ブラウザから閲覧、ダウンロードすることができます。



法枠計画支援  オプション

ドローンやレーザースキャナーで取得した点群の現況地形に沿って、設計条件から法枠の配置計画と3Dモデルを自動生成。地形を考慮した法枠の施工計画を立てることができ、大幅な効率化が見込めます。従来では難しかった着工前の発注者や施工担当者との完成イメージの共有が可能となります。また生成された3Dモデルから、面積や延長、コンクリート体積等の数量算出が行えます。



TREND-CORE VR

圧倒的な没入感!3次元化による“バーチャルリアリティ”を実現

「TREND-CORE VR」では、「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータを利用し、ヘッドマウントディスプレイを装着することにより、圧倒的な没入感でまるで工事現場に立っているかのようなバーチャルリアリティ体験を実現します。

遠隔臨場支援 「VRによる遠隔協議・検討」  NEW

インターネット網を利用した遠隔地同時仮想体験(コラボレーション)

データ共有クラウドサービス【CIMPHONY Plus】連携により、VRデータをクラウドへアップロードすることができます。代表者がCIMPHONY Plusからルームを作成し、それぞれがVRルームにログインすることで、複数人による現場状況や計画など遠隔協議・検討が行え、関係者間の合意形成が効率的に行えます。

※VRインターネットコラボレーションの利用には、【CIMPHONY Plus Professional】のご契約が必要です。

※VRインターネットコラボレーションは、プロキシサーバーには未対応です。


TREND-CORE CIMビューア Free版

作成した3Dモデルと属性情報がフリービューアで閲覧可能

TREND-COREで作成した3Dモデルと関連情報が専用ビューアで閲覧できます。発注者や工事関係者など、誰でも無料で閲覧できるため、より多くの場面でご利用いただけます。


お問い合わせ

実績あります!!

データの作成業務の請負、操作説明、製品デモンストレーション希望、導入事例など、

詳しくご説明させていただきますので、下記よりお問い合わせください。

 

デバイスワークス 営業窓口 電話:03-6661-7771

 

お問い合わせページ