TREND―CORE  

主な特徴  CIMコミュニケーションシステム

  • 設計データ(LandXML)から設計道路モデルを再現
  • 線形データをもとに標準断面から道路モデルを簡易に作成
  • 法面摺り合わせ機能で自動切盛判定と法肩算出
  • 今すぐ使える土木施工専用部品を標準搭載
  • 3Dモデルに蓄積された情報を活用

発注図書の照査で

設計道路モデルを再現

設計段階で作成された3DモデルをLandXMLファイルで読込み可能です。

(読込み対象は「線形」「横断」「地形」)

また、【EX-TREND武蔵】で入力した線形縦横断データも取り込むことができます

地形データの作成

3D点群処理システム【X-POINT】から出力したSIMAファイルや国土地理院が提供する基盤地図情報(数値標高モデル)から、メッシュ地形を生成します。 LandXML Surfaceデータのインポートも可能です。

簡易道路モデル作成機能

マウスで指定した変化点の高さを指定して、線形を入力します。地形が入力されていれば、地形高さを参照します。

また、既に登録された線形データや道路等のデータを参照することで、側溝・ガードレール・法面などの道路に沿ったモデルを1クリックで適切な位置に入力することができます。

現況との摺り合わせで

任意断面での確認機能

簡易断面でモデルをスライスした横断表現を見ながら、現況と法面の摺り合わせを確認・編集できます。

埋設物などの位置も確認することができます。

施工手順や安全管理で

豊富な土木専用部品

今すぐ使える土木施工専用の3D部品(建機を中心に200点以上)を標準搭載しています。 また、Trimble SketchUPTMのデータをインポートして利用することが可能です。

プレゼンで

高品質なレンダリング

3Dモデルの高品質なレンダリングイメージ作成が可能です。

3Dモデルのエクスポート

3Dモデルは「XVL」「SketchUp」「3D-DXF/DWG」ファイルに出力できます。3Dモデルの閲覧・共有が可能になります。

日々の書類管理・検査で

施工段階での情報を一元管理

施工段階で作成された書類や写真等をリンクとして登録できるため、3Dモデルをベースにした情報の一元管理が可能です。

さらに3Dモデルに属性を付加することで、施工DBに蓄積され、MDB形式で出力可能です。

Microsoft Officeをはじめとした各種システムでの利用が可能なため、維持管理情報として利用できます。

お問い合わせなど

製品価格や製品デモンストレーション希望、導入事例など詳しくご説明させていただきますので、

下記よりお問い合わせください。


デバイスワークス 営業窓口 電話:03-6661-7771

 

製品問い合わせページ

BIM / CIM,                             i-Construction                       データ作成支援

ARES|DWG互換CAD

    JDraf後継製品

▽TREND-CORE (福井コンピュータ社製)

土木施工業向け "CIMソリューション” 

パワーとスピードを誇る新たな3D GIS

上記の全ての商品のお問い合わせは

こちら から!

▽KOTOBASHO MAP からツイート中

お問合わせはこちら